« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.31

切ない未来

 意外なところで、原恵一監督のインタビュー記事を見つけました。内容は、空前の問題作「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」に関してです。

 アニメの方は、噂を聞いて、2001年の公開から、ずっと後になってから見たんだけど、どう見てもジョン・レノンにしか見えない悪役(長身、丸メガネ、髪型とか)は、おかしかったけど、その強烈な内容に言葉を失ってしまったことを覚えています。で、今回インタビュー記事を読んで、自分なりに考え込んでしまった。「あまりにも現実離れした虚構の未来っぷりがまた切ない」という監督のセリフが、実に耳にイタイ。おたく展の時にも、感じたんだけど、大阪万博(EXPO '70)っていうのは、空前絶後のイベントだったと語られることが多いけど、今にして思うに、あれは、ある種の宗教イベントだったんじゃないかと思うんですよ。日本人に明るい未来と、明るい21世紀を、集団催眠的に信じ込ませるための(笑)。動く歩道に、テレビ電話とか、そのためのモチーフは、ふんだんにあったわけだし。でも...現実は...TV電話とかは確かにあるにはあるけど、なんだかこの通り変わらない。大阪万博の会場にタイムスリップして、「21世紀になっても、結局何もかわらないよ。東京なんて、いまだに電車が地上を走っていて、手動式の踏切が残ってて、この前なんて、作業ミスで、人が死んでしまったんだ」なんて言ってみたところで、みんな笑って信じないか、”そんなことあってたまるかっ!”と、逆に怒られるかのどちらかじゃないかな?。

追伸
 ”浜野保樹の「日本発のマンガ・アニメの行方」”は、バックナンバーも面白いです。

二伸
 お気に入りCDレビュー記事ですが、昨今の情勢から再構築を急いでいます。NIFTYからも、移行の手引きのような本が郵送されてきましたし、あまりモタモタしていられません。しかし自分のサイト立てるのを待っていられないので、最近の分:2000-2004年分(とりあえず約10枚前後)を整理して、AMAZONのレビューとしてポストするつもりです。レビューワーは、確かにレベルの高い人もいるけど、どうも、それは僅か一部で、私のレベルでも十分参戦出来そうなことを確認出来ました(笑)。たとえ数年前のアルバムでも、改めて聴くと色々と発見があって、面白いです。AMAZONにまとめて投稿した際には、リンクもこのサイトの左の方に付けておきます。そんなわけで、例の月例データ、4月分は、ちょっと遅れます。スミマセン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.03

”「パソコン通信」とは何だったのか”に思う

 blogのテーマであるアニメとは直接関係ない話だけど、お許しを。

 先日、ITmediaの名物ライターの小寺信良さんのコラムに、”「パソコン通信」とは何だったのか”という文章が載っていた。”パソコン通信”とはありますが、ASCII-NETや、某MIX(ふる~い、こう書いてピンと分かるひと、果たして何人いるかな?)の話なんか全然無くて、話の殆どがnifty-serveに対する思い入れが書かれていた。このエッセーには、自分自身でも、うまく整理し切れていない部分をキレイに整理してくれて、読んでいて、共感が出来た。ただ、自分自身SNS には入っていないし、正直その正体も、つかみかねているのだけれど、(サーバ一元集約的ではない)blog+RSSによる広域分散的な情報発信のしくみは、これからの時代に必要なのかな、とも思いました。

 さてさて、nifty-serveは終わるとして、そこのデータはどうすれば(いや、どこに行けば)いいのだろうか?、自分自身、ある極めて狭い範囲ながら、当事者として関わってきた側面もあるので、一体どうして良いのか、よく分からないですよ(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »