« June 2007 | Main | August 2007 »

2007.07.22

2007.07 最近のアニメとニュースの感想(2)

 皆さん、こんにちは。

 めぼしいネタもないので、アニメとニュースの感想、行っていますか。

もえたん
 一応見てますよ、怪しげなライバルまで登場して、ノリが”小麦ちゃん”みたいになってきましたね。


スカイガールズ
 こちらも一応見てます。毎回思うけど、やっぱり本作は、”萌え系エヴァンゲリオン”ですな(^^;。狙いすぎな萌えショットの数々は、視聴者へのサービス、サービスゥ!(^^)。
 反目していたパイロット同士、仲良くなるのが早すぎるような気がするが、まぁいいか...。
 美少女+航空アクションというのには、(ストラトス・フォーを別にすれば)過去、名作がなかったようなジャンルなんだけど、しばらく追っかけたいと思います。
 本作、DannyChooさんのサイトでも褒められているみたいだけど、外国に持って行って成功するかどうか、個人的には、はなはだ疑問です。

さよなら絶望先生
 毎回笑わせてもらってます、毎回、濃い生徒ばかりが登場するクラスでは、センセーも普通の神経では、やってられんのかも?と、同情してしまいます。
 ちなみに、第2話(正確には、第二話?)の、フジの「ゴールデン洋画劇場」の再現には笑いました。あのOPアニメは、確か、和田誠さんが監督したんじゃなかったっけか?、巨大動画サイトには、真贋両者(?)の比較映像までありますな(^^;。


ぼくらの
 まだ放送中ですが、DVRにたまっていた番組を一気に見ました。でもって、評判が悪い理由も良く分かりました(^^;。SFアニメ版・バトル・ロワイアルといった雰囲気がしなくもない。料理に例えると、本作は、さながら「ひたすら辛いだけで、味のしない激辛カレー」といったところですな。
 私も、この作品のこと、スキになれません。監督の森田宏幸さんをはじめ、スタッフの皆さんは、むしろ良くやっていると思うのだけれど、ストーリーそのものに、難アリです。それに、今時、謎の巨大怪物(?)が、なぜか極東の島国にだけ集中的に現れるという設定も、好きになれません。作り手の思惑を超えて、放送された瞬間に、作品が国境を越える時代に、設定にも日本の枠を超えた広がりが必要ではないでしょうか。
 ちなみに、監督さんのブログ、本作をめぐり、炎上中みたいですな。


映画:ベクシル
 CG映画のアップルシード[2004]前世紀にアニメ版もあったので、区別するため、こう書きます)は、賛否両論でしたが、私は悪い作品とは思いませんでしたので、8月公開のこの作品にも、ちょっと注目しています。リンク先記事の見出しですが、



「第60回ロカルノ国際映画祭」のオープニング作品として上映されることが12日、明らかになった。 日本映画がオープニング上映されるのは01年の「ファイナルファンタジー」(坂口博信監督)以来


 これって、褒めコトバなのか(苦笑)?、"Final Fantasy:The Spirits Within[FFTSW]"は、膨大な時間と金をかけたにもかかわらず、興業成績は散々だった、歴史的、大コケ作品だったわけで...。FFTSWが成功していれば、後のスクウェア・エニックスは誕生しなかっただろうし、監督の坂口博信さんもスクエアを退社しなかったのだろう。
 もっとも、FFTSW、映画としては、ツマラナイ作品だったと私も思いますが、モデルから作り込んで精緻を極めた表情合成など、技術的には非常に評判が良かったことも、忘れてはいけないと思います。FFTSWについては、色々書きたいこともあるので、また機会を改めたいです。


メイドカフェ AKIBA @タイ・バンコク
 ニュース記事によると、ガサ入れで、逮捕者ですかぁ。記事を読む限りでは、オタク叩きの一環と読めなくもないです。


メイドカフェ @ 中国:上海
 開店準備中...。しかし、中国で、日本のサービスが再現来るかな?、衣装や、コーヒー、紅茶の味は、材料を揃えればいいけれど、サービスは、時間をかけないと難しい。

 以上。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

地デジ...

 みなさん、こんばんは。

 コピーワンス規制も見直されそうなので、そろそろ、TVの視聴環境を地デジ対応にしようかと思って、この前から色々情報を調べてはいるんだけど、これが、想像していた以上に厄介!。

 今出ている地デジ対応レコーダって、メーカーのサポートセンターで聞いても、新規制(コピー・ナインス?)への対応策がハッキリしない。対応出来るかどうか、それすらも、よくわからないとのこと。てっきり、最新モデルなら、新規制への対応も万全かと思っていたのに...。

 結局、考えていた新レコーダーの購入は、少なくとも半年以上先送りします。2011年にアナログ停波とか言っているけど、こんなに環境が整わない現状では、予定どおり停波するかどうか、極めて疑問。私も、あと4年で停波するとは、買い換えに必要な物量からしても、ムリみたいに思えます。アナログ放送も、案外しぶといんじゃないだろうか。

 ウチのTVは、まだブラウン管式を使っているので、こちらは、地デジ対応の液晶に買い換える可能性はある。けどレコーダーは、数年落ちで、値段の落ち着いたRD-X5(デジタル非対応!)を真面目に考えています(^^;。

 追伸
 放送終了のセイント・オクトーバーの最後を飾るシークレットライブ改めプレミアムライブ、本日22日(日)、都内某所で開催だよね、オレも行きてー!(泣)。どうでもいいけど、公式HPは、放送終了後だというのに、いまだ更新中のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.08

2007.07 最近のアニメとニュースの感想

 皆さん、こんにちは。

 今週はあんまりネタもないので、ニュースの感想、行っていますか。

●新TVアニメ:CODE-E
 東京地区は、本日から放送開始。一応HP情報をチェック。しかし、あんまり期待できそうにない。スタッフページの音楽欄を見て、”かの香織”の名前に、うっ!、と叫んでしまった!。アニメの音楽を全然やりそうにない人なのに...。ラーゼフォン橋本一子さん、ケロロ軍曹鈴木さえ子さん以来の衝撃です!。
 一体何を聞かせるのか、ドキドキですよ(^^)。とりあえず録画プログラムは入れておこう。

●新TVアニメ:スカイガールズ
 昨年に発売されたOVA版を、i-revoのスペシャルサイトでごく短い期間だけ無料配信していたので、TVの第1話と併せて見ることが出来ました。なんつーか、一言でいうと、(月並みな表現だけど)萌え系エヴァンゲリオンですな。
 一応、しばらくはDVRの肥やしになっていただこう(録りだめとも言う)。

●新TVアニメ:さよなら絶望先生
 見ました。いやいや、1話目から、ぶっちぎりの大暴走(^^)。すんごい番組だ!。きわどいネタも含めて、笑わせてもらいました。中でも、懐かしの「金曜ロードショー」のコピーには、大爆笑!。作画も、演出も、イイ感じです、今後に期待。

●第1回 国際漫画賞
 結果を見ました。大賞(国際漫画賞)は、香港の方の作品でしたね。日本の漫画の影響圏を考えると、順当な結果ですか。ご褒美としては、トロフィーと、日本旅行だけとは、ちょっと寂しい。ここは一つ、ジャパンマネーを賞金として差し上げても良いのでは?(^^)。
 一応、最終候補作リストを見ました(PDFになっています)。このリスト自体が非常に興味深い。香港からの作品が多いのは、ほぼ予想どおりでしたが(3作品)、マレーシア人の作家さんの作品が、同数の3作品入っていたことは、意外でした。それぞれ1作品ずつが大賞(国際漫画賞)と、奨励賞受賞ということは、マレーシア漫画のレベルが高いことを示唆するものと思われます。

●シャツキステ
 秋葉原の隠れ家:シャツキステを、モリタクさんが、日経(オンライン版)で連載中のコラム「萌えるアキバが日本を変える」にて、今さらながら大激賞。どこか、ツボにはまったのでしょうか。


YMOからHAS
 2007/7/6放送のNHK”プレミアム10”で、YMO-HAS特集番組を見ました。
 細野晴臣さん アップルシードの続編「アップルシード・エクスマキナ」の音楽(特に、主題曲RESCUEは、3人で)監修されているとかで、少し注目しています。あくまで監修であって、音楽自体は映画アップルシードの時と同じく、コンピレーション形式ですが。
 ステージで、懐かしの楽曲を披露する姿を見ました。しかし、しかし、老けましたよ、3人とも!、ホントに。


東芝EMI改め、「EMIミュージック・ジャパン
 予定調和ですが、東芝の名前が落ちましたな(ニュースはこちら)。公式サイトのアドレスも、既に変更になってます。アニメとは関係の強くない会社でしたが、一抹の寂しさがあります。リンク先の文章には、”「現在音楽コンテンツ事業は当社グループの他事業との関連性が低い状況で、EMI Group Plcから株式売却の提案があり同意した」”とあります。東芝のオーディオというと、ギガビートはあるにせよ、注力している印象は薄いです。ビジュアルは、HDDレコーダー(DVR)は存在感がありますが(私も愛用中)、映像ソフト事業は、なにやら進出と撤退を繰り返しているようで、外からは、迷走しているようにしか見えません。
 (東芝デジタルフロンティア~東芝エンタテインメント~その後売却とか、さらにその前は、東芝映像という会社もありましたし)
 私見ですが、ハードとソフトは車の両輪です。ハード事業があるなら、ソフト事業もやはり必要。東芝が、ソフト事業を売却したということは、将来的には...やっぱり、そういうことかな。

追伸
 プロフィール情報、微妙に更新しました。


| | Comments (2) | TrackBack (2)

2007.07.01

感想「セイントオクトーバー 最終話(第26話)」

 セイントオクトーバー最終回「ロリ決着!めくるめくあなたと超運命!」の感想です。
 (当然、ネタバレありあり)

 直前に予想記事を書きましたが、結果、どれでもありませんでしたね(^^;。最後まで予想を裏切り続けてくれましたよ。最後の最後で、消えたキャラクター全員復活は、ほぼ予想どおり。違っていたのは...

・リバース社
 →建物ごと崩壊して、あとかたもなく消滅すると思っていました。

アッシュ
 →ある意味、本作最大の悪役。黒ロリの怒りの平手打ちぐらいは食らうと思っていたんだが。何にも無しというのは、カタルシスがないねぇ~。

【シリーズ全体への感想】
 佐藤まさふみ監督以下、皆さんお疲れ様でした。

 冴えた部分と、イマイチな部分とが奇妙に同居した、不思議な作品でした。イマイチな部分は、序盤の低空飛行ぶりとか(早々に見るのを止めた人も多かったのでは?)、シリアスなのかギャグなのか良く分からん脚本とか。ストーリーの深さに関しては、本作の弱点かと思います。
 一方、キャラクターの造形(特に変身後)は、本作最大の魅力にして、毎回笑わせていただきました。また、リアル版ゴスロリ少女探偵団の絶妙な投入は、大変冴えていました。声優の人選は、ルックス込みだったんだろうという考えは、今でも変わっていません(^^)。
 i-revoのサイト経由で、ブログの情報を相互活用したのも、面白いアイデアです。今、放送終了記念アンケート実施中のようですね。

 振り返って思うに、この作品、企画段階での紆余曲折が、相当にあったのではないでしょうか。準主役のヨシュアというキャクターについても、神父という変わった設定が、結果的に全然生きていません。最後の最後で、何か意味があるのかと思っていましたけど、特に何も無し。正直、あれでは、パティシエのお兄さんの方が良かったのでは?、と思います。ヨシュアの設定と共に、「未来なのか・・・過去なのか・・・。魔都の闇にうごめく幻想と怪奇の世界」といううたい文句や(HPのflash(GIF?)アニメに、そう書いてある)、ダークな美術など、断片的に残ったヒントをつなぎ合わせると、本来はコミカル路線とは全然違った作品であったのだろうかと想像されます。恐らくは、悪を容赦なく一刀両断する、深夜アニメっぽい、残酷な作品だったのかと。

 商品展開も、もっとプッシュしても良かったのではないでしょうか。リアル版ゴスロリ少女探偵団をフル活用すれば、もっと面白いことが出来たのではないかと考えてしまいます。もっとも、この点、福井裕佳梨さんの病気ダウンとか、想定外の不幸な偶然もあり、本来は、もっと仕掛けが用意されていたのかもしれません。さっき初めて知ったんだけど、コスプレ衣装も、いつの間にか商品化されていたんですね(黒ロリ服白ロリ服赤ロリ服とも)。抱き枕も含めて、この辺の商品宣伝が、全然HP上でされていなかったのも、ちょっと奇妙です。


 本作、久しぶりに、リアルタイムで追っかけた作品でした。終わってみると、なんかどこかココロに穴が空きますなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アニメ検トークライブ「アニメ愛は国境を越えるか?」

皆さん、今晩は。

6/30の土曜日に、秋葉原UDXに行ってきました。目的は、例のデモ行進の見学ではなく、トークショーを見に行くためです。題して、「全国総合アニメ文化知識検定試験」公式問題集、出版記念イベントトークライブ「アニメ愛は国境を越えるか?」。しかし、何だ、この長いタイトルは(^^;。

会場入り口では、秋葉原のメイド喫茶の皆さん(各店1名ずつ)が、チラシ配りのために勢揃いで、実に壮観でした。せめて、写真の1枚でも撮ってきたかったのですけども、繰り返して撮影は一切ダメ、ということを厳しく言われていたので、あきらめざるを得ませんでした(イベントでは、毎度の、お約束ですが)。そんなわけで、かろうじて撮った1枚は、会場入り口に置いてあった立て看板です。↓

Pict1004


 トークショーの内容自体は、世界に進出する日本のアニメと、その影響というような流れで、私にとっても、非常に興味深い内容でした。

【私の個人的感想】
 このテーマは非常に奥が深く、たった1時間の枠の中で、全部を語るのは、到底不可能な話でしょう。それゆえかもしれませんが、話が比較的、日本と北米という構図で進みがちだったのは、少し残念。個人的には、もう少し近場である、アジア圏のアニメファンについて、もう少し話をしていただければ、嬉しかった。

 岡田さんが、何度か、面白い問題提起をしていました。特に「ハリウッドは、日本については、単なる便利な、ネタ提供元ではないのか」という意見は、私も同意です。彼らのアニメへの扱いを見ていると、アニメの原作に、リスペクトを感じません。最近、私のblogでも言及した、ロボテックの最新作とかは、まさにそう。
 で、面白かったのは、北米でのアニメの吹き替え事情でした。岡田さんが、”かつて、北米で「日本アニメ声優のような甘い声は、絶対に受け入れられない」といわれたが、最近の英語の吹き替えは、日本と同じ高い声(ハイピッチ・ボイスというのだと強調していました)を使っていて、時代が変わった”という意味のエピソードを披露していて、興味深いものがありました。確かに、先日、ネット上でも騒ぎになっていた、英語版「涼宮ハルヒ」の」吹き替え声は、ビックリするくらい平野さんの声と似ています。

 氷川さんが最後にしめていたように、アナログTVのデジタル移行(地デジ化)によって、TVは娯楽の王様から引きづり下ろされる(という趣旨の)発言をされていましたが、私も、この点、同感です。TVは、消えはしないけど、たぶんTV番組の地位は、今のケーブルテレビの番組と、同等のような扱いになるのではないかな?


 以下、オマケ。10年~15年ぶり(?)ぐらいで、生で見た皆さんの感想です。

氷川竜介さん
 いやいや、雰囲気、全然変わってないです。BS放送を見ていれば、もっと姿を見る機会はあるのかもしれませんが、私の家、実は未だにBS放送(衛星放送)というものが、映らんのですよ(^^;。ネット視聴もあるから、それでも正直、困ってないです。

岡田斗司夫さん
 一瞥して”やせたなぁ~”ということが、私にもよくわかりました(笑)。お話は、相変わらずの名調子でしたが、トークショーの冒頭で、ちょっとした失言をしてしまい、肩を落とす姿を見て、”大人になったかなぁ”とか思ってしまいました。昔は、同業者でも、容赦なくメッタ切りする勢いでしたが。もしかすると、一対一のシチュエーションでは、相変わらずかもしれませんが、メディアを前にした状況(公衆の面前)では、気を遣うのが上手くなったのでしょうか。

 以上

[2007.07.03追記]
本イベント、インプレスのAV Watchのイベント・レポートが秀逸です(さすがはプロの仕事です)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「6・30アキハバラ解放デモ」に超接近遭遇

 別件で秋葉原に行った帰り、以前から噂になっていた”アキハバラ解放デモ”に遭遇しました。(公式ブログのトップページイラストが、愉快ですなぁ(^^;、あの姿を見ると、ドッキリしてしまいますよ。公式ビラも、いいノリです)

 参加者の顔ぶれを見ていると、コスプレ行進派が多くて、ヘルメット姿の若者は、思いのほか少なかった。警察も見守るだけではなくて、放水車で応戦するとかして(!)、一緒に盛り上げて欲しかった(苦笑)
 どこで情報を聞きつけたか、参加者に外人さんが多かった。しかし、外人さんには、ヘルメットやマスク姿の意味なんて、絶対にワカランだろう(学生運動、とかいう言葉すら知っているかどうか?です(^^;)。

 以下フォトレポートです。

Pict1007up

Pict1008up
 ↑横断幕と、ヘルメットは、お約束(^^)、バニーガールも想定の範囲内かな。

Pict1012rup
 ↑LAOX・ザ・コン前で気勢をあげる(!)革オタ・革萌・革非3同盟の皆さん。

Pict1016up

Pict1019up
 ↑元・東京三菱銀行前の交差点に来て、デモも最高潮。ヤジウマの数も増大して、一時は騒然とした状況でありました(^^;。

Pict1028up2
 ↑おっと、オタクカルチャーを海外に発信し続ける有名人DannyChoo氏も、お忍びでデモ行進に参加中のようだ(人違い?(^^;)、中の人が誰にせよ、あの暑さの中でスーツにマスク姿とは、お疲れ様です。

【あとがき】
 写真を撮るのはいいんだけど、後処理が面倒!、本当はもう少しupしたい画像もあったんだけど、今回はこの程度でご勘弁。
 それにしても、人間、慣れないことは、やるもんじゃない(苦笑)。だって、多量の人の顔を隠蔽するのって、結構面倒なんですよね。akibablogとかでよく使われている、”笑い男”画像って、パブリックドメインのデータだと思っていたら、どうもグレーゾーンみたいなので、今回は使いませんでした。
 あともう一件、巷で噂の”ベンディングマシンレッド”は、デモ行進では見るとが出来ませんでした。駅前の方に居たのかな?
 (ベンディングマシンレッドって、頭のモデルは、スーパーロボット・レッドバロンかな?)


| | Comments (4) | TrackBack (2)

« June 2007 | Main | August 2007 »