« タイのメイド喫茶:ぴなふぉあ バンコク支店の巻 | Main | 花粉に萎え萎え(2008ver) »

2008.03.27

マレーシア初のメイド喫茶(?):喫茶 紅葉亭@ペナン

 東南アジア弾丸ツアーの関連記事の2本目です。

 マレーシア・ペナン島[Penang]にも行ってきました。地元の情報を集めているときに、「まさかこんなところに、メイドカフェはあるまい」と思いつつ調べていたら、ナニィ!、「ペナンにマレーシア初のメイド喫茶誕生か?」という、クチコミ記事が、このあたりと、このあたりに!。

 その名は、「喫茶 紅葉亭[Koyotei]」というらしい、一瞬”秋葉亭”に見えて、狂喜したのですが(^^;、目の錯覚でした。
 これは、ついでに行かねばなるまい...と義務感を感じ、行ってきました。結論から言うと、ちょっと肩すかし(ガセネタ)っぽかったのですが、こういう方向性もアリということで、せっかくなので紹介しておきます。

<前書き:ペナンについて>
 マレーシアは何度も来ていますが、ペナンは本当に初めてです。市内から少し離れたところには、リゾートが昔からありますが、工業地帯としての成功している側面もあり(日系も多数ですが、INTELの工場もある)、どういう場所なのか、印象がつかみにくい場所であります。
 私は、非常に不思議な場所という印象を受けました。空港の近くには、工場や事業所が多数あり、海沿いには、リゾートもあって、奇妙なミスマッチ感です。海の様子は、写真のような感じです。街の中心と言うことも考えれば、悪くないと思います。

Pensea1480x320

 最近では、日本の年金生活者にも人気があるとかで、それに絡んで、色々とキナ臭い情報も耳にはしますね。ただ、街中を歩いてみた限りでは、日本人は、思ったよりも少ない印象を受けました。

 以下、紅葉亭に関する記事です。

【ロケーション】
 市内中心部ですが(公式HPのMAPは、こちら)、本当の中心(ランドマークビルである、コムター[Komtar]のあるあたり)からは、少し距離があります。ペナンの炎天下で歩くと、かなり体力を消耗しますので、無理せず、タクシーで来た方が良いかと思います。

【お店の印象・インテリア】
 昨年末に、出来たてほやほやで、店内ピカピカです。窓の大きな一軒家で、良い意味でファミレス風のインテリアです。

Penkyt1640x480tx

Penkyt2640x480tx

Penkyt3640x480tx


【お店の印象・制服】
 まずは写真を(撮影は断ってから撮りましたが、顔出しが良いかどうか分からないので、上半分は、適当にトリムしました)。

Penkytwr640x480tx

 むむむ、メイド服と言われれば...そうかもしれない、といったところですね(^^;。「舞-乙HiME」の学園服と、似てなくもないかな?。

【接客】
 こちらも、お約束なのか、ご挨拶は、日本語です(いらっしゃいませ)。メイド喫茶式ではなく、現地の普通のレストランといったところですね。私が来訪した時に限っては、日本語は通じませんでした。お客さんから尋ねられない限り、特に話しかけるようなことも、ありませんでした

【メニュー】
 写真をご覧いただければ分かりますように、メイド喫茶でも、単なる日本式喫茶店でもなく、もはや立派な日本食レストランですよ。

Penkytmenu640x480tx

 ここに来るまでは、別なところで食事を済ませてから来るつもりだったのですが、アテにしていた2件とも潰れてしまっていたので(何たる役に立たないガイドブックが!)、炎天下で歩く気力も薄れ、紅葉亭で食事をいただきました。ちなみに、私は、海外では、”日本食は、食べない”派です。概して値段が高い上に、奇妙な味付けが多くて、納得いかないケースが多いからです。

 セットメニューが、RM16~17++(←15%の税サ抜きという意味)で、1RM=\30ぐらいなので、マレーシアの物価相場を知っている身としては、一瞬高いかな?と思いましたが、出てきた食事の内容とボリュームで、納得しました。サラダや、手の込んだ茶碗蒸し(冬の料理なんだが、何故かマレーシアで食べる機会は多い)、さらにデザートまで付いてきて、個人的には満足です。もちろん、味も本物です。

【まとめ】
 結論から言うと、ここは、メイドカフェではなく、普通の日本食レストランです。ただ、制服が、メイド服テイストでアレンジしてあるというのが、ちょっと違うところかなと思いました。お店の名刺には、日本人マネージャーさんの名前が書いてあったので、現地の日本人在住者が、メインターゲットかなと思いました。
 でもって、”私的には、どう思うか?”という質問をされそうですが、もちろん、これは、これで、十分アリだと思います(^^)。異国でメイドカフェに出会えなかったのは、残念ではありますが、あくまでメイドカフェ来訪は、本編の旅行のオマケですので...。

【データ】
 名前:喫茶 紅葉亭[Kissa Koyotei]
 住所:No148,Grand Floor Jalan Hutton, Georgetown Penang, Malaysia
 (公式HPは、こちら

 以上。

追伸
 ペナンの街のランドマーク:コムターですが、”すっかり寂れた”という評判は、本当にその通りでした。

Penkomtar1480x320

Penkomtar2480x320

 かつては、にぎわっていたような、内部のショッピングアーケードも、写真のように日本の地方都市のようなシャッター街状態で、天井や、床がはがれていたりと、なかなかの惨状でした。もしかして、建て替えが予定されているのかなぁ...。

|

« タイのメイド喫茶:ぴなふぉあ バンコク支店の巻 | Main | 花粉に萎え萎え(2008ver) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

そう!その通りです。そこは、メイドカフェではなく、『メイド』テーマの日本食レストランと見えます。でも、本当のメイドカフェの存在しない国に、大したことと考えますね。

Posted by: Shin | 2008.03.27 at 04:34 PM

Shin様

こんばんは、わざわざ日本語のコメント、ありがとうございます。

紅葉亭は、本物のメイドカフェへの第一歩という位置付けでしょうか。

私は、首都KLよりも、ペナンの方が、だいぶイスラム色が、薄いように感じました。紅葉亭がペナンにあるのも、そんな土地の空気が生んだ、必然かもしれませんねぇ(^^)。

では、また。

Posted by: don777 | 2008.03.27 at 11:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87889/40648060

Listed below are links to weblogs that reference マレーシア初のメイド喫茶(?):喫茶 紅葉亭@ペナン:

« タイのメイド喫茶:ぴなふぉあ バンコク支店の巻 | Main | 花粉に萎え萎え(2008ver) »