« June 2008 | Main | August 2008 »

2008.07.25

2008.07 最近のアニメとニュースの感想

 皆さん、こんばんは。

 7月も、もう終わりかけているけれど、いつものニュースの感想、いってみますか。

●アキバ仮想空間「ai sp@ce」の”移住計画”発動
 期待していたんだけど...こういう形で、クローズド・テストをするとは、かなり意外。今年のコミケには、全く行けないから(最終日の夕方も含めて、一切無理。まあ、例年そうだけど)、私は、完全に門前払い!、実に残念。
 フルオープンするまでの当面の間、フツーのオタクには、SAYONARA「ai sp@ce」ですな。

●日経ビジネスonline:”その後の「中国動漫新人類」”
 既に完結したシリーズの補遺らしいけど、相変わらず面白い。”あの”中国で、”自由な表現”とは、あまりにミスマッチで、懐疑的にならざるを得ないけど、まあ、生暖かく見守りましょう。

●中国・上海のメイド喫茶「@ニャオハイ」、2008.09に、期間限定で復活
 期間限定で復活、ということは、やっぱり、事実上の閉店だったんですね。詳しくは、公式サイトへ。

●あの人は今「ケーシー・ランキン」さん
 とある事情があって、オーガスのOP/EDを完璧な日本語で歌いこなしたことで有名な、外人アニソン・シンガー「ケーシー・ランキン」さんのことを調べていたら、なんと、ガンと闘病中とか。アニソンは長い間歌ってないと思うけど、元気になって、NHKのアニソンコンサートなどで、1曲披露して欲しいと思ってます。

goo-labo「ブログ通信簿」サービス開始
 むは、これは面白い。"Don's blog"の管理人的期待値は、

 主張度:5、気楽度:2、マメ度:2、影響度:4

 だったけど、結果はどうか?、でもって、早速やってみた結果は、以下の通り。
20080725tushinbo_don777cocolog

 んんん?、
 主張度:4、気楽度:3、マメ度:2、影響度:3

 影響度の実体は、まあ、こんなものかな。せめて主張度は、こだわりの項目で、一つぐらいは5点満点を取りたい(^^)。しかし、この点数表を、見ていたら、妙なことを思った。日本の(義務教育の)学校教師は、こういうスコアカードを見て、本人の興味とは関係なく「まず、(一番点の悪い)マメ度のスコアを上げるように努力しろ」とかいうオバカなことを、言うのかな?、今でも?。(だから、私は学校教師のことが、キライなんだよ...)

#ちなみにスコアカードの「ブログ年齢」は、実年齢と、一切関係ありません(ホントに(^^;)。

 ではまた。

追伸
 8月は、超忙しくて、1本も書けるかどうか怪しいです。下手をすると、8月下旬まで何も書けないかも...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.24

「CDはどこへ行く」

 皆さん今晩は、お久しぶりです。真夏の暑さの直撃を受け、毎日だれてますよ。

 さてさて、先日、珍しく「MUSIC MAGAZINE」(2008.07号)を読みました。普段は、ミュージック・マガジンなんて、読まないのですが、”CDはどこへ行く”というタイトルに興味をひかれて、読んでしまいました。

 かなりのページ数を割いているのですが、実は、中に書いてあることは、比較的よく知られている事柄ばかりで、個人的に新しい発見は、あまり、ありませんでした。

 書いてあることは、具体的には下記の3項目に集約されます。

1:CDを含めたパッケージメディアの売り上げは、右肩下がりで落ちている
2:しかし配信を含めた売り上げは、順調に伸びている
3:業界の不振を受けて、大手のレコード会社でも、リストラが進んでいる。

 面白かったのは、結局、みんな先が読めなくて困っている...というという構図が、よく分かった点でした。もうひとつ面白かったのは、配信に取り対する取り組みが、実験的にせよ進んでいて、24bitフォーマットの巨大オーディオデータでも、配信が始まっているという内容でした。データ量は巨大になりますが、「ついに、ここまで来たか」という感じもします。

 そうなると、ジャケ写は、どうするのかという疑問もありますが、最近、デジタル写真を表示するためのデジタルフォトフレームが、急に売れ出しているとかいうニュースをよく聞くし、割り切れば、そういうものに表示するだけでコト足りるのかな、という気もしています。

 ただねぇ、、個人的には、何ともしっくり来ない。やっぱり音楽って形がないから、何か目に見える媒体に焼きつけとかないと、私なんか不安で仕方がないのですよ。もっとも、こういう意見すらも、今となっては、もはや少数派なんでしょうか(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.07.05

萌えよ、夏の秋葉原!

 タイトルが、意味不明ですみません(^^;。

 今週、まだ日の高いうちに、秋葉原に行ってきましたが、それにしても暑い。もう7月だし、梅雨明け宣言も間近のようです。(駅前のメイドさんって、平日でも居るんだ。てっきり週末限定かと思っていた)

 さて、この話、書くべきかどうか、悩んでいたんですが、ちょっと書いておきたいと思います。妙なきっかけで、噂の”アキバのコスプレ社長(世界初のコスプレCEO:ジェーン・フォン[Jane Fong])さんと、最近、時々会ってます。私的にも、実験プロジェクトには、ちょっと興味があったしね...。
 (他所へのコメントにせよ、自分のblogにせよ、情報発信は続けることが大事、ということを、最近、良く痛感させられています)

 で、リンクをしたく、コスプレ社長の人柄が分かるような良い紹介記事か、インタビュー記事を探したんですが...無いんですよ、これが。2つほど見つかったけど、どっちも英文。

 1つめは、コレだけど、長文の割に、サッパリ中身が無い。前半のビジネスプランに関する話は良いとして、問題は、後半。「日本の会社は、意志決定が遅い」とかいう、今でもあてはまる正しい指摘はあるにせよ、全体的に、内容が古すぎる。30年ぐらい前の人が、現代にタイムスリップして、今の日本の姿を語っているような錯覚を覚えました。
 これは、社長さん本人の問題ではなく、むしろ質問の仕方が悪い。質問の背景に、飽き飽きするほど昔から語られてきた「ニッポン異質論」みたいなものが、透けて見えるようですよ。「いまだに西欧のニッポン認識なんて、たかが、こんなものか?」と、読んでいて、哀しい気分になりました。
 (ただし、このインタビューでも、少し面白い箇所があるのは、認めます。日本人の居ない席で、相手がネイティブだと、ついつい心を許すのか、日本人の前では決して語らない、本音がポンポン出ていて、面白い。”日本人エンジニアなんて、使えない奴らばかりだ!”と言ってみたりとかネ(^^;。日本のサブカルチャーは好きでも、日本人(特に男の人)や、日本の社会のこととかは、実は、内心、嫌っているような印象を受けました。でも、まあ、男の人といっても、会社の上の方の人だと、露骨な性差別主義者とかが、まだいるのかもしれないし...同情の出来る部分もありますけどね。)

 で、2つめは、こちら。記事が短いのが残念だけど、内容自体は、まあまあ面白い。質問も、少しひねりが効いているし、社長としてより、中の人(本人自身)にスポットを当てたのは、正解だと思います。

 それにしても、コスプレ社長さん、意外に、写真うつりが悪いんですよ(^^;。レイヤーさんなら、スマイルの作り方も、スキルアップしなければ!。1本目の記事の写真とか、なんだか結構疲れた顔してるようにも見えるし。
 (いや、実際疲れていたのかも、夜中でも仕事しているみたいだし...本人の名誉のためにいうと、本物は、もっとカワイイですよ。一番最初に会ったときも”(webの)あの写真、似てねぇ~”と、心の中で、叫んでしまいました(^^;)。

 社長さんなら、やっぱり、ビシッと格好いいところを見せなきゃ、日本は、意外に見た目(第一印象)重視だもんね。履歴書の写真だって、写りが悪いと、がっくり、書類通過率も落ちるしね。
 (カワイイ社長も、路線として十分アリだと思う、今の日本なら。ギャル社長だって、いるんだし)。
 「もうちょっとマシな写真、撮らせてください」とは伝えてあるんですが、死にそうなほど忙しいみたいだし(ベンチャーの社長は、大変)、果たしていつになることやら...。

 では、また。


追伸
 そういえばフォーマットとしての「履歴書」は、日本独特のもので、外人さんへ仕組みを説明するのが、一苦労なんだよね。

二伸
 秋葉原の東京アニメセンターで、7月21日~8月20日までの1ヶ月限定で開設される、「秋葉原観光案内所」プロジェクトにも、JaneFongさんの会社で、1枚かんでいるとか。
 JapanTimesでも報道
されているので、外国でも注目度が高いのかも。しかし、社長さん、相変わらず、写真うつりは...う~む(以下省略)。「(社長さんは、一般に、よく写真に撮られるし、メディア対策は重要だから)練習して、そういうスキルも、身に付けてみては」と進言したら、逆に激怒されましたよ(^^;。悪口を言ったつもりは、全然ないんだけどなぁ...。教え方さえ上手ければ、ほんの30~40分練習するだけで、劇的に改善すると思う、って言っても、あんまり相手にされないだろうなぁ...。

[2008.11.05追記]
このお話には、後日談があります。詳しくは、こちらへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »