« AFA-X(AFA 2010)レポート その1: 概要+展示編 | Main | AFA-X(AFA 2010)レポート その3: イベント編 »

2010.11.27

AFA-X(AFA 2010)レポート その2:AFA-X 臨時カフェ MMK(Moe Moe Kyun) メイドカフェ

その1からの続きです、またレポート全体構成は、目次をご覧下さい

 去年のAFAでやって、大反響だったという、MMK(Moe Moe Kyun, 萌え萌えキュン) メイドカフェが、好評に応えて今年も帰ってきました。

 今年は、MMK(School Days Ver.) ということで、学園制服での接客になったのだそうです(どういう理由で、メイド服ではなく学園制服になったのか、経緯は不明ですが)。

 今年のスタッフ(こちらの写真を参照)は、昨年のメンツの半分が入れ替わり、2年目のスタッフは、白い制服(上級生という設定らしいです)で、今年初参加のスタッフは、紺色の制服ということのようで。
 昨年のカフェは、イベント終了後も尾を引いて、スタッフのうち、仲良し3人組(Miyake, Yoshimi, Tomomi)は、頭文字をとってミント(MYnT)というユニットを結成して芸能活動みたいなことを始めたり(写真こちら)、国内での若者向けのイベント[COSMO Youth Parade 2010]で、カキ氷屋 さんとタイアップしてMMKの出張カフェをしたりとか、順当に活動を広げてきたようです。

 さて、そんなMMK、去年は、すごい行列だったそうなので、入場後、朝一でかけつけました。以下、感想です。
(続きは、下をクリック)

(English version is available here.)

Mmkent

Mmkentbkbrd


【受け付け】
 滞在時間を短くするための工夫だと思いますが、カフェテリアのように、入り口で先にオーダーして、支払いも済ませる形態となっていました。それでも結構な行列でした。

Mmkrule

(写真右は、Miyakeさん)

 でもって、そうなることが分かっていたので、私は、2日とも、朝一でお邪魔しましたので、比較的すんなり入れましたが、日中は「歩き疲れたから、ちょっとお茶でも」という本来の喫茶店的な使い方は、出来ないような混みっぷりでした。

【メニュー】
 写真をご覧ください。数は少なく、かなり割り切った内容かと思います。

Mmkmenu

 コーヒー、紅茶は、印刷物には記載ありませんが、ちゃんとあります(値段は確か、コーラと同じ)。セットメニューは...準備に手間がかかっているのか、正直、割高かなという印象を受けました(今のレートで、S$1 = \64ぐらいです)。

 一応私も、そのセットケーキを頼みました(メディアパスを持っていても、自腹です、念のため)。

Mkcake

 これが、結構甘かった。海外でケーキ頼むと、だいたい、こんな味になるので、仕方がありません。(日本のケーキのような繊細な味のものは、海外では滅多にお目にかかれません)

【インテリア】

Mmktable


Mmklargebd

 昨年が、店内、とても殺風景だったみたいなので(写真で見る限り、昨年はイベントの商談会場みたいでした)、今年はパネル類を用意して、それなりに雰囲気が出るようになっていました。黒板1枚あると、何となくそれぽい雰囲気になりますね。

【接客】
 アキバの@ほぉ~むみたいな、萌え注入のパフォーマンスありで、イベント系カフェ風の接客でした。まあ、イベントなんで、これでいと思います。不思議に、(周りを見回しても)敢えて日本語を積極的に使うようにトレーニングされていたようで、苦労の跡がしのばれます。個人的には、日本語も良し悪しで、スタッフの日本語レベルは、結構まちまちだから(留学までしていたYoshimiさんは、さすがに上手いですが)、無理して日本語を使う必要はないかな、と感じました。

【スタッフ】
 シンガポール初のメイドカフェCOSAFEの店長で知られるYoshimiさんを除いて、全員、会うのは初めてです(Yoshimiさんに、顔と名前覚えられていて、会うなりいきなり”DONさんお久しぶり”とか、言われていわれてアセりました(^^;)。しかし、皆さん、細い細い。写真で見るより、全然細い。人気者のMiyakeさんも細かったけど、新スタッフのMoeちゃん(名前は、押切もえさんからか?)が、超細い。Moeちゃん、細くて、ちびこくて、かわいいけど、年齢不詳です。中学生と名乗っても十分通じそうな雰囲気でした。
 ちなみに写真ですが...今回は、自粛しました。メディアパスを持っていたので、自由に撮影できたはずなのですが、後ろの行列がスゴイ上に、一般のお客さんは、有料で撮影で、しかもスタッフの皆さんは、フル稼働で、てんてこ舞い状態。この状況での撮影は、さすがに、ためらわれました。朝一で、メディアプレビューの時間などがあれば、安心して撮影が出来たのですが、写真は、また次の機会に。
 (AFA-Xとは、別時間で、インタビューもお願いしていたのですが、調整がつきませんでした、これも残念)

【物販】
 ポスター、トレカなどがあり、そのほか、UmehikoさんのマンガイラストのICカード(EZLINKという、SUICAのような交通系カード)もありました(写真参照)。

Mmkcardsall


Mmkcards1


Mmkcards2

 ICカードは、シンガポール国内限定使用ですが、非常に実用的なので1枚買おうかと思ったのですが、S$25という値段に、あきらめました(EZ-LINKカード:地下鉄駅で売っているのは、ほんの僅か数ドルです)。しかし、帰り際にチラシをよく見ると、$20分のWARAKU(地元の和食料理店)のお食事券が付いてくると、書かれてありました。う~ん、そういうことなら1枚買ってくればよかったかと、ちょっと後悔です。

【まとめ:5点満点で、2.5(**+)】
 何というか、やや微妙な内容でした。まず、イラストなどのビジュアルは、とても良いです。スタッフの皆さん、超絶カワイイのも、良いです。ただ、メニューの内容や、価格は置いておくとしても、ソフト面(主にスタッフのトレーニング)では、やや準備不足を感じました。ただ、この点、仕方のない部分は、あったと思います。ゼロから始めた昨年と違って、去年からの継続スタッフ(今年の白ジャケット組)は、昨年の後、皆さん、何らかマルチタレント的な活動を始めていて、なかなか全員で顔を揃えて、みっちりトレーニングというわけにもいかなかったのかなぁ、と、想像しました。
 ("Project MYnT"もそうですが、Yoshimiさんとかは、今現在、通訳や、イベント司会なども手がけていて、まさにマルチタレントそのものです。今年のAFA-Xのステージイベント、長丁場の司会、結構上手くやってましたよ)

【その他】
 今年は、併設で、アトリエ・ロワイヤル[Atelier Royale]とかいう執事喫茶もあったそうですが、自分は興味なく、パスしました。こちらもそれなりに繁盛していたようです。

【参考リンク】
 他の方のレポートです。

・DannyChooさん
 開催前日に撮影したページに、私服のバックステージ・ショットがあり、あと、こちらにも営業中の店内の写真が、若干あります

・Alafistaさん
 こちらに、店内のフォトレポートあり(英語)。

MMK(facebook)
 店内の公式フォトレポートあり。

 以上、「レポート その3」に続く

---
P.S.
来月12/6-12/12で、MMKの臨時カフェが、国内のショッピングビル・リャンコート[Liang Court]の日本フェスティバルで、併設されるそうです。

|

« AFA-X(AFA 2010)レポート その1: 概要+展示編 | Main | AFA-X(AFA 2010)レポート その3: イベント編 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87889/50144005

Listed below are links to weblogs that reference AFA-X(AFA 2010)レポート その2:AFA-X 臨時カフェ MMK(Moe Moe Kyun) メイドカフェ:

« AFA-X(AFA 2010)レポート その1: 概要+展示編 | Main | AFA-X(AFA 2010)レポート その3: イベント編 »