« 感想:TVアニメ フラクタル[2011]/全11話 | Main | Sea☆A(シーエー)、デビュー »

2011.06.11

感想:アニメ 星を追う子ども[2011]

 アニメ監督:新海 誠さんの最新作ということで見てきました。

 なんというか、悪くはないんですが、微妙な内容でした。以下、私の感想です(例によってネタバレも若干あり)。作品の悪口を言われて不快な方は、ここから先は、読まないでください。
 (キャストや、あらすじなどは、公式サイトか、Wikipediaをご覧下さい)

 (英語版は、こちらへ。English version is available here.)

54hoshiwoou


【全般的感想:**+(5点満点で)】
 悪くはないんですが、積極的に人に勧めにくい作品かと思いました。

 以下、個別パートの感想です。

【ストーリー/脚本】**+
 古くて新しい、この世の果ての桃源郷伝説をベースにした、ファンタジー設定でありますが、お話として、あまり面白いとは思わなかった。さらに、日常の世界として、敢えて昔の日本を持ち出した理由は、良く分かりませんでした。(オート三輪があって、電気冷蔵庫がある世界というと、昭和40年代の前半ぐらいの想定でしょうか?)
 ちなみに、産休代理教師役のモリサキさんが、教壇で語る”世界に、シャンバラとか、アガルタとかいう伝説がある”というセリフ自体は、本当の話です。

【音楽】**
 悪くはないんですが、天門さんの音楽、個人的に、好きではないので、こうなりました。

【キャラクター】**
 困ったことに、登場人物に、ついて行きにくかったです。”あまり魅力的では無い”といってしまうと、そのとおりなのかも知れません。
 監督自らは、メディアのインタビューで「キャラクターは、懐かしの世界名作劇場風」と言う意味のことを言われていましたが、私は、宮崎アニメ風と思いました(笑)。でもって、先のモリサキさんが、困ったことにムスカ(宮崎アニメの生んだ名悪役)と重なって、しょうがなかったです。

【作画・演出】**+
 作画は、CG的な表現は、さすがに上手いですが、その一方で、モンスターの描き方などは、あまり上手くないように思いました。演出は、最近、新海さんの個性(と言うか手口)が分かってきたので、あまり意外感は無かったですね。線路のシーンは、やっぱりあるだろうと思ってましたし...。

【演技】**+
 モリサキ役の井上和彦さんは、非常に良かったと思いますが、主役のアスナは、まぁまぁですかね。

【まとめ】**+
 ”悪くないけど、人に勧めにくい”という一言です。新海さん自体は決して悪くありません。むしろ限られた予算で、本作、良くやっている方かな、ぐらいに思いました。
 しかし、新作を見に行っておきながら、皮肉にも、先達の作品である宮崎アニメの偉大さを、個人的に再認識する結果となりました(ラピュタなんて、もう20年前以上の作品だよ)。

P.S.
 偶然ですが、作品見に行く直前に、某メディアで新海誠さんのインタビューを聞きました。予想に反して、語り口も、語る内容も、至って普通だったので、非常に驚きました(絶対に、変人さんに違いない!と、勝手に思っていたので(^^;)
---
 以上。

|

« 感想:TVアニメ フラクタル[2011]/全11話 | Main | Sea☆A(シーエー)、デビュー »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87889/51912022

Listed below are links to weblogs that reference 感想:アニメ 星を追う子ども[2011]:

« 感想:TVアニメ フラクタル[2011]/全11話 | Main | Sea☆A(シーエー)、デビュー »