« NIFTYSERVE、復活か? | Main | ミニ・レポート: 初音ミク・カフェ[2012.08] in 池袋 »

2012.09.01

2012.09 最近のアニメ[2011-2012]の感想

 皆さんこんにちは...実に久しぶりの投稿でありますよ。まだ暑いですなぁ。死にそうになりながら、なんとか生きているという状況です。

 ここ1年近く、見たアニメの感想書いてないので、、まとめて行ってみますか。
 (続きは、下をクリック)

 以下、星マークは、5点満点で。
--------------------------------------------------------------------------------
・2011  TVA「もしドラ」**
 たった10話にしては、よくまとめたと思いますし、ビジネス教科書をエンタメ化するにあたり、苦労のあとが伺えますが、面白い作品とは思えませんでした。最終話付近の展開も、唐突感があります。
 また、野球アニメを作り慣れているNHKにしては(ex. メジャー、おおふり...etc)、野球シーンの緊迫感は、残念ながら、今ひとつでした。
 女子マネだけでなく、2流チーム(失礼)の部員の葛藤劇も、もっと盛り込んだ方が、よかったと思います(来る人以外にも、去っていく人がいるとか)

・2011  TVA「異国迷路のクロワーゼ」 ****
 見事であります。近年まれに見る名作だと思います、黙殺に近い扱いを受けているのは、非常に残念であります。感想長くなるので、これは、また、別に書かせてください。

・2011  TVA「アイドルマスター」***
 大いに期待していたのですが、あまりにも内容に意外感が無く、大人しい作品でしたね、もっとキャラクターが大暴れしてくれると、嬉しかったのだけど...。強いて挙げれば、美希ちゃん失踪する回が良かったかな。
 (この意味で、律子ちゃんピンチヒッター登場の回は、内容が、お約束的で、正直、面白くなかったですよ(笑))

 でも、13人ものキャラクターに、それぞれ固定ファンがいる状態では、こういう形(基本、1人1話制)にならざるを得なかったのかも。ちなみに、主人公は、プロデューサーと呼ばれながら、実質は、芸能マネージャーそのもの。一人で、13人の面倒を見るのは、不可能だと思います。

 蛇足ながら、OPアニメは、非常に良いと思いました。

・2012  TVA「AKB0048」(第1期)***+
 予想に反して、意外な秀作でした。TV局社員に、放送前に罵倒される番組って、どういう作品なんだろうかと、警戒しながら見始めましたが、内容、結構イケました。

 ちなみに、自分はもっと、どろどろ展開の待っている、ダークな作品だと思っていました。手段を選ばぬ敵(DES?)によって、握手会に紛れ込んだ自爆犯に、アイドルさんが爆殺させられるとか(笑)。

 で、現実のモデルが存在する、こういう作品、予備知識がないと楽しめなかったりすることが往々にしてありますが、予備知識ナシでも、結構楽しめます。
 (そういう構成になっていること自体が、良作の条件であります。ストーリー構成、脚本も、現実のAKBの舞台裏を、結構取材しているような印象を受けました)

もっとも、襲名版・板野友美サンの登場の回は、本来笑うべきところで、あちこちで、妙に感心してしまいました(板野友美って、味音痴なんだって、ね)。

 全体に、作画も、演技も、全然問題ナシ。作画は、CGっぽいところが多いですが、TVアニメとしては、問題ないです。で、気にしていた、研究生という名の主人公の皆さん、演技に不安がありましたが、(普通の声優さんよりかは、時間をかけて丁寧に収録しているにせよ)、結果、全員、上手いので、驚きました
 特筆したいのは、準主役「園 智恵理」役の渡辺まゆゆさん。難しい役なのに、十分こなしていて、非常に感心しました。彼女の年齢や経験を考えると、驚異的とすら思います。
 (プロの声優さんでも、駆け出しの方で、もっと演技が不自然な方は、大勢いると思いますが)

 サブキャラに個性的な方が多いのも、良いと思います(マネージャーのツバサさんとか、似非業界人のカメラマンさんとか、研究生・本宮凪沙さんのオヤジさん[官僚バカ一直線(^^;]とか...あのオヤジさんは、日本人的にはイイ人なんだろうけど、外国では理解されないキャラクターだと思う)

 逆に気に入らなかったのは、秋元のオヤジさん。神扱いされているのは、どうにも気に入りませんでした。

 多くの謎を残したままの第1期終了ですが、第2期も、期待しています。OP/EDシングルでもって、やっぱり総選挙の投票ってやるんだろうかとか(笑)、不祥事を起こしたメンバーは、銀河の果てに転勤になるんだろうかとか(むはは)、秋元やすす氏は、やっぱり本人役(うげぇ)で一度は登場するのだろうかと、気になります。

 ところで、本家のAKBアニメの登場で、よそで作った二番煎じ企画が霞んでしまったのは、仕掛け人さんの”してやったり”というところでしょうか。...って、調べたら、ラ○ラ○ブで、まだやっているのか!、とっくに終わった企画と思っていたよ(笑)。
--------------------------------------------------------------------------------

 今、輪廻のラグランジェ(とっくに終わっている第1期ですが)を見ているという状況です。

 以上。

|

« NIFTYSERVE、復活か? | Main | ミニ・レポート: 初音ミク・カフェ[2012.08] in 池袋 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2012.09 最近のアニメ[2011-2012]の感想:

« NIFTYSERVE、復活か? | Main | ミニ・レポート: 初音ミク・カフェ[2012.08] in 池袋 »